ボインジャーバンドってなんやねん?

初心者にお勧めのFX企業といえば、やはり操作性が抜群の外為オンラインです。

外為オンラインの最大のメリットは、契約者が関与しなくても企業側が自動で売買を行ってくれるiサイクル2取引があります。

iサイクル2取引は外為オンラインに購入したい通貨と損切りするポイントを設定しておけば、後は外為オンライン側が自動で取引を行ってくれるシステムです。

FXは提供されているチャートを見て売買を行いますが、ただ何も知識が無い人間がいきなりチャートを見ても切り替わるタイミングを計ることができないです。

さらに外国の通貨とのやり取りなので、基本的にアメリカやヨーロッパは日本時間の深夜1時以降に相場が動くようになっているのでその時間にトレードを行うのは難しいといえます。

その点自動売買であれば夜中であっても相場が切り替わった段階で、自動で売買してくれるので日本時間の深夜1時以降の稼ぎ時でも乗り遅れることなく参加することができるのです。

そして自動売買を使わずに己の力で売買するうえでも、外為オンラインは初心者にとって優しい内容が盛りだくさんです。

特に優しいポイントといえば、レバレッジの設定がしやすいそして自動ロスカットをしてくれるというです。

レバレッジというのは外貨資金を購入するうえで、本来であれば預金口座で足りない部分を証券会社が貸してくれる金額になります。

このレバレッジを高く設定すれば、それだけ利益がプラスに転じた時に金額が増えます。

そのためFXで稼ぐのであればレバレッジは重要な要素なのですが、しかし注意しなければならないのは大きく設定するということは損をしたときのダメージも増えることを意味します。

もし適切な倍率でレバレッジをかけていないと、もし損の額が口座保持率を大幅に超えるようであれば多額の金額を返済しなければならない事態になりかねないです。

他のFX企業では自身で倍率を設定するのですが、外為オンラインの場合は倍率を設定するのではなく注文数でレバレッジをかけるシステムを取っています。

そのため自身で設定する必要が無いため、適切な注文数でやりくりをすれば損をしたとしても返済できない金額にリスクは限りなく少なくなるのです。

海外FX

初心者が行う上で重要なFXの勝ち方はトレンドに乗ること

FXに勝つというのは、どんなに手練れのトレーダーといっても100パーセント損をしないというわけではないです。

FXにおいての勝ちというのは、月終わりの時に損はしていても益の数値が上回っていることが該当します。

そのためには自身でロスカットをする金額を決めていて、口座の余力を残し次のトレードにつなげることが初心者にとって大事です。

FXにとって重要なのはチャートをしっかり見ることであり、このチャートには1分足から日足まで幅広く設定されているものです。

1分足から30分足はトレードをしている今日から3日前の状態を把握するのに役に立ち、50分足以上からは1週間以上の状態を把握するのに役に立ちます。

初心者で最低でも覚えてほしいのが、移動平均線とボインジャーバンドです。

移動平均線は短期と中期そして長期の線をチャートに引くことによって、現在どんな形でトレードが進んでいるのか分析しやすいようにするための線になります。

短期と中期が下降と上昇を繰り返して交わった点のことをゴールデンクロスそしてデッドクロスといわれ、このクロスのポイントを見るだけで相場の転換ポイントが分かります。

ボインジャーバンドは移動平均線を補佐するためのチャート手法で、現在の相場からどれだけトレーダーがポジションを保有しているのか把握するために使います。

FXは通貨の価値で稼ぐものなので、保有量が多ければ多いほど価値が無くなってしまうのです。

そこでトレーダーの多くは、価値が一定の量が来た時に売りもしくは買いに出すことによって転換しようと動くのです。

ボインジャーバンドは移動平均線とは別に、短期と中期そして長期の線を3本、チャートに乗せることで保有率を図れるようになっています。

もし中期線と長期線の部分に、チャートが近づいていることが分かれば保有率が価値が無くなるポイントまで差し掛かっていることが分かるので転換する可能性が大きくなるのです。

この移動平均線とボインジャーバンドを使って相場の状態を見つつ、しっかりとFXのサイトにある経済指標を見て判断すると利益を上げやすくなります。

海外FX スプレッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする